暗号化された安全なメールアドレス

[スマホで簡単] YouTubeにショート/ロング動画をアップロード・投稿・公開する2つの方法

スマホで完結 YouTube 動画のアップロード
スマホで完結 YouTube 動画のアップロード

YouTubeショート動画をスマホからアップロードして公開する2つの方法をご案内します! 用途に合わせてアップロードする方法を選んでください。

「あっ」コンピューターからアップロードする方法もご案内しています。

oscar こんな相談ならこのページで解決するよ!



目次

日本からショート動画をアップロードする条件

スマートフォンで撮影された縦向きの動画で最長60秒までの動画が投稿できます。

日本からショート動画を投稿する条件(2020年12月)
  1. スマートフォンで縦向き(垂直)に撮影された動画。
  2. 時間は最大60秒までの動画。
  3. タイトルと概要欄にかならず #shorts というタグを⼊れること
  4. *タグは #Shorts #shorts どちらでも OK です。




編集済み動画を取り込みたいときは ① と ② どっち?

「編集済み動画」をスマホからアップロードする場合

① 「ショートカメラ」から(TikTok スタイル)複数の動画をつなげてアップロードできる。

(TikTok スタイル) スマホに保存されている動画を選択できますが、15秒設定ではじめた場合、15秒になるまで数の制限なく動画を選択し取り込みできます。60秒設定の場合、60秒になるまで複数の動画を選択できます。


例)15秒設定で始めた場合、5秒の動画を3個選択し1つの動画としてアップロードすることができます。

もちろん! 選択した動画が8秒の場合には編集機能で長さを5秒にカットすることができます。


② 「動画のアップロード」から1つの動画のみ選択しアップロードできる。

スマホに保存されている動画が60秒以上のショート動画でも60秒以上のロング動画でもアップロードできます。ただし1つの動画しか選択できません。




「①ショートカメラ」と「②動画をアップロード」機能比較!

一目見てわかる機能の比較表

使える機能① YouTube ショートカメラ
(ショート動画作成)

(TikTok スタイル)
② 動画のアップロード
録画機能60秒までの録画録画できません
音楽の挿入♬15秒までできません
音声クリップの追加15秒までできません
マルチセグメント
(動画つなぎ合わせ)
最大60秒までつなぎ合わせできません
動画を取り込み
できる数
複数1つのみ
60秒を超える動画の
アップロード機能
できませんあります
長さの編集ありますあります
タイマー機能ありますできません
テキストの挿入ありますできません
フィルター機能ありますあります
フリップ
(自撮り切り替え)
ありますありません
アップロードする方法アップロードする方法アップロードする方法

動画をアップロードする方法は2つあります

(TikTok スタイル) 「YouTube ショートカメラ (ショート動画を作成)」からアップロードする方法


ショート動画作成「ベータ版」をタップする
ショート動画作成「ベータ版」をタップする
しんの
しんの

tiktok スタイルだにゃぁ!

「YouTube ショートカメラ (ショート動画作成ツール)」だと #Shorts タグは必要なし!



「動画のアップロード」から投稿する方法(ショートカメラを使わない)

動画をアップロードを選択します
動画をアップロードを選択します

ショートで動画でもロング動画でも「動画をアップロード」を選択してスマートフォンからアップロードすることができます。




① Tiktok スタイル「YouTube ショートカメラ」から 動画をアップロードする方法



Tiktok スタイルなら「ショートカメラ」からが最適です!


必見!!やさしく画像付きでご案内しています!

TikTok スタイルの新しい機能!ショートカメラで録画し音楽や音声クリップを追加する方法を試してみる♬

Youtube ショート ベータ版 カメラYouTubeショートカメラベータ版(beta)からショート動画を録画してアップロードする方法 *TikTok スタイル




②「動画のアップロード」から YouTube 動画を「非公開」でアップロードする方法



*あらかじめ動画を撮影してスマホの「ビデオフォルダ」に動画がある場合の方法です。

「動画のアップロード」からできること

  • あらかじめ撮影してある動画を選択してアップロードする方法です。
  • 選択できる動画は1つだけ
  • 音楽を挿入するオプションがない
  • 編集機能が限られている
  • 60秒以上の動画を選択してアップロードできる。
  • 60秒以上のロングでもアップロードできる。
  • 横長に撮影した動画でもアップロードが可能。


*iPhoneからの操作画面になりますが基本の操作はどのデバイスからでも同じ流れになります。

1.YouTube アプリを起動させます

「YouTube」アプリから動画をアップロードするので選択しましょう

「YouTube」アプリを起動




2.「+(プラスマーク)」をタップ

YouTubeアプリが開いたら最下部にある 「+(プラス)」 をタップします


+(プラス)」が表示されていない時は?

  1. YouTube アプリにログインしていない時。
  2. YouTube アプリのバージョンが古い時。
「+」ボタンをタップ

表示されたメニューから「動画のアップロード」を選択します。

動画をアップロードを選択します
動画をアップロードを選択します


スマホで「録画」するなら「ショート動画を作成」からアップロード!




3.「動画」を選択します

アップロードしたい動画を選択しするには(YouTube アプリに「すべての写真」へのアクセスを許可していないと動画の選択ができません)

YouTube アプリに「すべての写真」へのアクセスを許可
YouTube アプリに「すべての写真」へのアクセスを許可


はじめて動画を選択するには「動画の一覧」から選択します。

*ここでは「動画の一覧」から選択します。

画像を選択します
画像を選択します






4.ギャラリーから動画を選択

ここでは、ギャラリーから既存の動画を選択すると(5)の画面になります。

使用する動画を選択し「Done」を選択しましょう




5.動画加工ツールで編集

動画加工ツールで動画をカットしたりフィルタを追加することが可能です、加工が必要なければ『NEXT(次へ)』をタップします

Next ボタンを押す




6.非公開で「タイトル」「詳細情報」を入力


「非公開」でアップロードすると「タイトルや詳細設定」をアップロード後「YouTube Studio」から編集することができます。



「公開設定」でアップロードすると:この画面で「タイトル」「詳細情報」「プレイリストに追加」をすべて設定し保存すると公開されますので注意が必要です。

オスカル
オスカル

重要:タイトル / 説明にハッシュタグ#Shortsを含める必要があります。

慣れるまではあらかじめ縦型の動画を用意しておき、「非公開」設定で「アップロード」することをおすすめします。

タイトルに#Shorts を入力


7.「UPLOAD(アップロード)」ボタンを選択

非公開の状態で「アップロード」ボタンを押して投稿します。

YouTube ショート動画アップロード

アップロード中に表示される「やじるし」マークです。

8.「UPLOAD(アップロード)」完了


アップロードが完了したら、「Your videos」をタップしてみましょう。



9.アップロード完了後、動画一覧に表示

非公開でアップロードしたので、鍵のマークがついています。

動画の右下に「YouTube ショートのロゴ」がついていますので、ショート動画として認識されています。



次のステップ『YouTube Studio』アプリから動画一覧へアクセスし「公開」しましょう。

*タイトル、詳細情報やタグはなんどでも編集することができます。








YouTube Studio から公開設定、タイトルを追加・編集をする方法

*iPhoneからの操作画面になります

非公開でアップロードしたので「YouTube Studio」アプリから「公開」へ

この記事の「ショート動画を投稿する方法」6番目の操作非公開でアップロードした場合の次のステップは「公開」!



「非公開」「アップロード」後に「YouTube Studio」から「公開」する方法を見てみる。




「初心者がYouTube ショート動画を投稿・・・」の記事にもどるには?

初心者がYouTubeショート動画を投稿してみたらびっくり #shorts(追記:ショート動画作成ツール/ ショートカメラ)



選択肢がふえたから自分に合うものをみるけよう!

リリースされた「ショートカメラ」はまさしく「TikTok」を意識した YouTube アプリの機能です。


Facebook 、Instagram, YouTube とそれぞれの特徴があったので使い分けて利用するか、好きなタイプのプラットフォームを使うという選択肢があったのですが、よく似た機能の横並びになった今・・・なんだかわけがわからないよって方もいらっしゃるのではないでしょうか?


特に企業や広報、広告で選択を迫られる場合においてこの選択肢が担当者様の責任が重大なんてことになっていないことを祈ります。




YouTube 試してみるのは無料ですから自分の目的にあった方法を比較したり試しながらアップロードしましょう!

このページを読んだかたにおすすめの記事

しんの
しんの

YouTube ショートの収益化の詳細は「YouTube ショートで収益化というBIG NEWS !」にて公開しています。 

お時間のある時にCheck it out!!

Google AdSense 申し込みと合格のポイントGoogle AdSense(アドセンス)の審査合格!結果が翌日に届きました!

Google AdSense PINの入力と銀行口座の登録Google AdSense (アドセンス)住所確認 PIN を入力する方法と収益の基準額!



Image Credits : Photo & screenshots images by author, Dec 2020