Filmora 11 初心者でもダウンロードした日から動画編集してYouTubeへアップロードできます【PR】

filmora11のレビュー
filmora11の新しい機能をためしてみました!
これで解決します!Wondershare Filmora 11 の新しい機能がいっぱい!

YouTube で見たあの動画編集が私にもできるかな? をかなえてくれる動画編集ソフト Wondershare Filmora 11 (ワンダーシェアーフィモーラ11) の初心者でも簡単に動画を作成できる方法をご案内します。


動画は書籍にくらべ年齢を問わず「わかりやすい」との評判をYouTube のコメント欄でよく目にします。私はもっぱら料理動画を利用していますが、動画で見ると先生の真似がしやすいので助かっています。


しかし自分で編集するとなると動画編集ソフトって難しそう、数十万する動画編集スクールに通わないとねって決め込んでいるあなたにも読んでもらいたい内容です。やってみると案外簡単でもっと早くYouTube はじめておけばよかった~なんてことも。

是非スクールに申し込んだり書籍を購入する前に無料版をダウンロードして実際に触ってみてください。

それでは早速、本日からYouTubeデビューできる最短の方法を試してみましょう!

\動画編集ソフト Filmora 11 でたよ!/

個人永続ライセンスは買い切りだから1回のお支払い❣

\ 🧑🏻‍💻 無料版の使用期限はありません ! /


目次

目次へ

Filmora 11 起動画面の使い方

初心者にやさしい起動画面はパッと見て何となくここをクリックするとこうなるのかな?という感覚で操作ができる、わかりやすいアイコン表示がうれしいですね。

使い始める前に気になったアイコンをクリックしてみました!

filmora-11起動初期画面
filmora-11 起動初期画面

起動画面で各アイコンを選択するとどうなるの?


文字やアイコン
*クリックで画像拡大
選択するとどうなるの?
プロジェクト作成Filmora 11 起動時の初期画面で
選択されています。
2インスタントモードインスタントモードの作成画面になります。
・画像、動画、イラスト(ミックスでもOK)
・5つ以上のメディアを追加
・自動的に音楽、文字、装飾付きの動画を作成
・文字入れ替え、音楽の変更もクリックで
3クリエイターアカデミークリエイターアカデミー
簡単でわかりやすい動画でヒントや
使い方を知ることができます。
4アスペクト比の選択7種類のアスペクト比から選択が可能
・16:9(ワイドスクリーン)YouTube
・1:1(instagram)YouTubeショート
・9:16(縦画面)YouTubeショート
・4:3(標準)
・3:4(ビジネス)
・21:9(シネマスコープ)
・4:5(縦型)
5クラウドスペースへのアイコンクラウド管理
・Wondershare Drive 1GB まで利用可能。
・外出先でも保存ファイルにアクセス可能。
・別途プランを追加することで最高1Tまで。
6アカウントへのアイコンアカウントへのログイン、ログオフ
初めて起動した時に「ログイン」をします。
ネット接続中にクリックすることで有効期限
などが表示されます。
7ライブアップデートアイコンライブアップデート
ログイン後、クリックすることで条件
が合えば最新版にアップデートできます。
8
サポートアイコンサポートセンター
・購入前によくある質問
・製品登録に関する質問
・その他よくある質問
お問い合わせもこのページからできます。
9オンラインヘルプアイコンオンラインヘルプ
Wondershare Filmora 使い方ガイドは
必見です!
10閉じるボタンFilmora ソフトウエアを閉じる
プロジェクト保存確認し閉じます。
*編集中の動画をプロジェクトファイル
として保存すると、後から再編集が可能
になります。
動画作成毎に必ず保存しましょう。
11プロジェクトを開くプロジェクトを開く
既に保存済みのプロジェクトを開く。
12オートリフレーム機能オートリフレーム機能
AIテクノロジーによりビデオの焦点を自動的に
検出します。撮影した動画のアスペクト比を
変更し編集する時に便利!
横長の動画をYouTubeショートに編集できる
ビデオの見せたい対象をフレーム内で見えるよう
に追ってくれます。
13オートモンタージュ機能オートモンタージュ機能
・動画のハイライト部分を自動で抽出
・BGMのビートに合わせてカット割り
・エフェクトも追加
14スクリーンレコーダー機能スクリーンレコーダー
コンピューターで作業している
デスクトップを録画。
・切り抜きさん
・操作マニュアル作成
・ゲーム攻略方法を録画
15AI ポートレート機能AIポートレート
・背景を透過
・電気がズズズーな感じのネオン
・ボーダーやノイズ
などのエフェクトを追加できます。
*人物や動物でも自動で検出されました。
16ローカルプロジェクトローカルプロジェクト
・パソコンに保存
のプロジェクトファイルの一覧。
17インスタントプロジェクトインスタントプロジェクト
インスタントモードで作成し
・パソコンに保存
したプロジェクトファイルの一覧。
18クラウドプロジェクトクラウドプロジェクト
・Wondershare Drive
に保存のプロジェクトファイルの一覧。
19新しいプロジェクト新しいプロジェクト
新しいプロジェクトを始める画面が起動。
20並べ替えのアイコン並べ替え
・リスト表示
・サムネイル表示
の切り替えができます。
21バックアップアイコンバックアップ
ローカルプロジェクト一覧から
・Wondershare Drive へバックアップ

Filmora 11 インスタントモードで今日からYouTube

インスタントモードは作成する前から、出来上がりのイメージを確認できるテンプレート(音楽、文字や装飾入り)が揃っています。

インスタントモードを使えば、Filmora 11をダウンロードした当日から動画を自動で編集してくれるのでその日にYouTube に投稿することができます。もちろん音楽(BGM)もタイトルもエレメントも自動的に追加されますからまったくの初心者でも簡単に使えますよ。

インスタントモードで作成したYouTube 動画

Filmora 11の新しい機能、インスタントモードを使えば上記のような動画が自動的にさくっと出来上がります!

現時点(2022年6月26日バージョン: 11.4.3.236(4.4.0.12,3.8.1.11))では Windows 版のみの機能となります。

(テキスト版)Filmora 11 インスタントモードで動画を作成する方法

インスタントモードで動画を作成する5つのステップ

  1. 好きなテンプレートを選びます。
  2. 最低でも5つ以上のメディアをインポートしてください。
  3. 文字、音楽やエレメントをカスタマイズ。
  4. インスタントモードのプロジェクトの保存。
    (*プロジェクトの保存があれば、再編集が可能。)
  5. エクスポート(書き出し)。

(画像付き)Filmora 11 インスタントモードで動画を作成する方法

やさしい画像付きの手順です。ステップステップ進むだけで初心者でも簡単に音楽(BGM)、タイトル文字付の動画が仕上がります。

🎬① テンプレートを選択

オスカル
オスカル

僕たちのクリスマス動画をインスタントモードで自動編集したよ!

🧑🏻‍🎨はじめる前の準備 3つのおすすめポイント

  1. メディアの保存場所フォルダを決める

    理由:プロジェクト保存時に、メディアの保管場所も記録されます。
    場所を固定しておけば再編集時にメディアの呼び出しが簡単です。

  2. 1つの動画を作成するごとに、1つのフォルダを作成しましょう。

    理由:後で探すのが大変になるので保管フォルダにメディア、
    プロジェクトファイル、写真などをまとめて保管しましょう。

  3. インスタントモードは最低5つのメディアが必要。
    (例:10秒の動画 X 10個、20秒の動画 X 8個 等)

    理由:最低5つ用意しないと自動作成がはじまりません。
    使いたいシーンがたくさんあればよりよい動画が作成できます。

文字やアイコン
*クリックで画像拡大
選択するとどうなるの?
インスタントモードでプロジェクトを保存するアイコン保存
インスタントモードでプロジェクトを保存。
2インスタントモードでストレージと表示されます。カーソールを合わせるとストレージと表示、
選択するとコンテキストメニューが表示され。
・サポートセンター
・フィードバック調査
・ヘルプ
・アカウント情報
・スタートページに戻る
・終了
等が選べます。
インスタントモードで表示されるメニュー
3最小画面アイコン最小画面アイコン
タイトルバーに待機
4拡大アイコン拡大アイコン
・開いた窓がディスプレイいっぱいに拡大。
・拡大後は、アイコンが2つ重なった状態に。
・2重になったアイコンをクリックすると
 元のサイズに戻ります。
5閉じるアイコン閉じるアイコン
必ずプロジェクトを保存し閉じましょう。
6タイムラインタイムライン
タイムラインを押すと、通常の編集画面に
切り替わります。
7インスタントモードでタイトル一覧アイコンタイトル(文字と装飾)
インスタントモードでタイトルを一覧表示。
・すべてのタイトル
・オープナー
・ローワーサード
・字幕
・べーシック
・エンドクレジット
8音楽一覧を表示するアイコン音楽
豊富な音楽から選択ができます。
インスタントモードでも変更も可能。
長さも自動で合わせて調節してくれます。
・すべての音楽
・ヤング&ブライト
・スムース
・ダイナミック
・テンダー&センチメンタル
・ロック
・フォーク
・エレクトロニック
10
テンプレートの一覧を表示するアイコンテンプレート
インスタントモードで変更可能。
・プロジェクトを保存してから変更しよう。
11再生巻き戻しボタン再生ボタン
左から
①少しだけ左へ戻る
②少しだけ右へ進む
③再生、再生中は一時停止ボタンに変化。
最初の位置に戻る(一番よく使うボタン)
12元に戻す、やり直しボタン左:最後の操作を元に戻す
右:最後の操作をやり直し
13タイトルの追加ボタンタイトルの追加
新しく選択したタイトルを追加。
14交換するアイコン交換
選択した音楽やテンプレートを交換。

テンプレートの選択 1
全てのテンプレート一覧を表示してみました!

1. インスタントモードを選択。
2.「すべてを見る」をクリックします。

インスタントモードを選択
メニューからインスタントモードを選択
テンプレートの選択 2
クリスマス動画なので休日を表示!

3. 「休日」を選択。
4.「テンプレート」上にカーソールを合わせてクリックするとミニサイズでプレビューされます。

5.「▶」をクリックすると大きな窓が開きます。

テンプレートの選択 3
読み込み(ダウンロード)されるます。

6.はじめて選択した「テンプレート」だと、読み込み(ダウンロード)がはじまります。

テンプレートのダウンロード
テンプレートのダウンロード
テンプレートの選択 4
再生し気に入ったら決定!

7.「▷」再生ボタンを押し「テンプレート」を最後まで確認しましょう。
8.OKなら「このテンプレートを使用する」をクリックします。

テンプレートを再生してみる
テンプレートを再生してみる
次は「メディア」のインポートです!
次は「メディア」のインポートです!

*あらかじめ1つのフォルダに場所を決めて保管しておきましょう。



🎬② インスタントモードでメディアをインポート

インポート 1
あなたが用意した動画、イラストや写真を取り込み

9.「✙」をクリックし「メディアファイル」のインポート。

メディアをインポート
メディアをインポート

インポート 2
保存場所からメディアをインポート

10.「メディア」を選択し「Open(開く)」をクリック。

メディアを保存場所から選択してインポート
メディアを保存場所から選択してインポート
インポート 3
メディアの並べ替え

11.「インポート」した「メディア」が表示されます。

*ストーリーの流れに合わせて並べ替えることができます。
*「メディア」の上にカーソールを合わせてマウスの左クリックしたまま希望の位置までドラッグ。

メディアの並べ替え
メディアの並べ替え
インポート 4
インスタントモード自動作成の開始!

12.「メディア」の位置がきまったらマウスの左クリックの指をはなして決定。
13.「インポート」ボタンを押して「メディア」を追加できます。
14.「自動作成」をクリックすると、AIが自動で作成してくれます。

さらにメディアをインポートするには?
さらにメディアをインポートするには?
次は「カスタマイズ」です!
次は「カスタマイズ」で文字やエレメントを調節します!



🎬③ インスタントモードでカスタマイズ

AI で編集された動画には既に「文字」「音楽(BGM)」「エレメント」が挿入された状態で仕上がります。
出来上がった動画を再生し確認しましょう。文字を入れ替えたりエレメントの表示を非表示にしたりカスタマイズしました。

🧑🏻‍🎨何がカスタマイズできますか?

  • 文字::入れ替え、フォントの変更、色、回転、サイズ、位置、表示、非常時、削除
  • 音楽:音量の調整、フェードイン、フェードアウト
  • エレメント:サイズ、回転、位置、不透明度、表示、非常時、削除
カスタマイズ 1
エレメントや文字を見えないようにするには?



15.まずは「非表示」にしたいエレメントや文字をクリック

16.該当しているとおもわれる部分の非表示アイコンマークをクリックしてみます。


非表示アイコン 表示になっているときのマーク

非表示のアイコン 非表示になっているマーク

削除アイコン 削除する(使わないことをおすすめします)

文字やエレメントを削除
文字やエレメントを削除



クリックすると非表示のアイコン非表示マークに変わります。
動画内から見えなくなったことを確認できましたか?

この画面の編集が終了したら19.にある「戻る」ボタンで元の画面に戻ります。

エレメントや文字の削除
エレメントや文字の削除

カスタマイズ 2
次は文字の編集をしました!

17.文字の編集では、編集アイコン 編集マークをクリックします。

文字の編集
文字の編集
カスタマイズ 3
このみの文字を入力

18.文字を入力しましょう。
19.「戻る」ボタンで元の画面にもどります。

新しく文字を入力
新しく文字を入力して元の画面に戻る
カスタマイズ 4
タイトルテキストの追加も試してみました!

20.新たに「タイトルテキスト」を追加する位置を決めます。
21.インスタントモードでタイトルを一覧を表示するアイコンマークを選択し「タイトル」を選択します。

新たに文字を追加する
新たに文字を追加する



22.好きなタイトルにカーソールを合わせてクリックすると画面上でプレビューを見ることができます。

右下の「✙」をクリックするとタイムラインに追加されます。

追加するときの「+」マーク
追加するときの「+」マーク
カスタマイズ 5
追加したタイトルの文字を編集


23.追加した「タイトル」の文字を変えるには編集アイコン編集アイコンをクリックしましょう。

文字を編集する
文字を編集する


24.文字を入力します。

25.文字の入れ替えが完了したら「戻る」ボタンで元の画面に戻ります。

好みの文字を入力する
好みの文字を入力する


編集が完了しましたね!
次は、プロジェクトの保存です。

🎬④ インスタントモードの保存

プロジェクトを保存1
動画のプロジェクト(バックアップファイル)を保存

26.保存前に最終確認の再生をおすすめします。
27.保存アイコンをクリックします。(保存画面は次の項目にあります)
28.保存されたことを確認し「エクスポート(書き出し)」をクリックしましょう。


インスタントモードのプロジェクトファイルを保存する
インスタントモードのプロジェクトファイルを保存する

プロジェクトを保存1
ローカルに保存する手順27の続き

27-A.「ファイル名」を入力します。(同じ保存場所には同じ名前で保存しないこと)
27-B. 「保存」ボタンを押します。

保存場所を選択し名前を付けて保存
保存場所を選択し名前を付けて保存
プロジェクトを保存1
🚨重要 ローカルに保存されたかを確認する

27-C. ファイルの名前:「あなたが付けた任意のファイル名」が表示されます。
27-D. ファイルの種類:「Wondershare Filmora 11 Project」はプロジェクトファイル

*右端の「サイズ」が「0」だったら保存に失敗している可能性が高いので、もう一度保存作業を行いましょう。

保存できたことを確認
保存できたことを確認
次はエクスポート(書き出し)、あともう少しです!

動画作成でこの保存作業はもっとも重要だと言えます。このプロジェクトファイルがあれば何度でもエクスポート(書き出し)ができますし再編集もできるんですよ!


🎬⑤ インスタントモードのエクスポート(書き出し)

エクスポートは名前を付けて動画を保存する作業

29.「28.エクスポートボタンを押した」後に表示される画面で、「名前」を入力します。
*27の手順で保存した時の名前が既に入っている場合はそのままでかまいません。

30.再度、「エクスポート」ボタンを押します。

名前を付けてエクスポート
名前を付けてエクスポート
エクスポートが完了するまで待つのみ!

31.書き出し中の進み具合が画面に「%」で表示されます。


エクスポート中の画面
エクスポート中の画面
エクスポートされたファイルはこんな感じです!

手順29のところで「オートハイライト」にチェックが入っていると書き出されたファイルは2つ存在します。

・インスタントモードで自動作成された動画ファイル。
・インスタントモードでハイライト動画が自動生成された動画ファイル。

インスタントモードでエクスポートが成功
インスタントモードでエクスポートが成功
インスタントモードで自動編集作業は完了です!

おめでとうございます!

初心者でもやりたいことを形にしたい!

初心者でも直感的に操作ができる動画編集ソフト Wondershare Filmora なのですが、用意された便利な機能をさくっと使うだけで初日から素晴らしい仕上がりになります。

自分のやりたいことを実現するには「クリエイターアカデミー」でその方法をチェックしましょう。

しんの
しんの

「クリエイターアカデミー」は
YouTubeプラットフォームで無料見れる Wondershare Filmora の公式チャンネルなんだよ!

オスカル
オスカル

気になる機能は公式チャンネルでお勉強できるにゃんて素晴らしいにゃ~。



*画像をクリックすると拡大できます。

起動時後にFilmora クリエイターアカデミーを選択した画面
Filmora 起動時後にクリエイターアカデミーを選択した画面

Filmora 11 を起動後

左のメニューから「クリエイターアカデミー」を選択すると、詳しい操作ガイドや作り方を見ることができます。



YouTube クリエーターにおすすめの機能!

これらの機能を見るだけでもあんなことも出来る!といろんなアイデアがわいてきますね。

オートリフレームで簡単に横長からショート動画に

「オートリフレーム」機能を使えば、パソコンでYouTube ショートを簡単に作成できます。

この動画いい感じに撮影できているけれど横長だからYouTube ショートには向いてないなーーとあきらめている素材はないですか? Filmora 11 ならショート動画の作成をサポートしてくれる便利なオートリフレーム機能が備わっています。横長動画を縦長のYouTube ショート動画やTikTok動画に変換してくれます。

オートリフレームで横長動画を縦長動画へ変換
オートリフレームで横長動画を縦長動画へ変換

もちろん、Filmora 11 で縦長に撮影した動画を YouTube ショート動画に文字入れ、自分で用意した音楽(BGM)を入れて編集することも出来ます。


ここでは、今までに撮りためた横長の動画をオートリフレーム機能で簡単に縦長のショートに編集する方法をご案内します。また出来上がったサンプル動画もご覧ください。

Filmora 11 のオートリフレームで横長動画をYouTubeショート動画へ編集!

Filmora 11 オートリフレームで横長動画をYouTube ショート(縦長)に動画編集した方法

  1. 完成した横長動画を取り込む
  2. 取り込んだ動画の上で右クリック、メニューから「オートリフレーム」を選択
  3. アスペクト比 「9:16」を選択し「分析する」ボタンを押す 。
  4. 変換後、プレビュー画面が表示されます。
  5. 完成したら「エクスポート」します。

    *プレビュー中にフレームの場所を手動で微調節することもできます。

完成サンプル*オートリフレームで横長動画をYouTubeショート動画へ

スマホからこのWebページ上で「再生」すると上下に黒い線が見えますが、パソコンからだと余白は見えませんのでご心配なく。YouTube プラットフォームから見るとスマホ全画面(縦型)でYouTube ショート動画として再生されます。

\ 全画面表示でごらんください /

タイトル、テロップやエレメント

デザイン文字、テレビ番組風、漫画風など豊富に用意された文字はどんなシーンににも対応できます。

ほんの一部ですがごらんください。

\ 29秒の紹介動画です /

AR ステッカー

AR ステッカーはFilmora 10.5から利用できます。

AR ステッカー機能は動画内の人物の顔にウサギの耳をつけたり、コアラやパイレーツ等の楽しいエフェクトを加えることができます。

文字入れした動画って人気!

既にYouTube や動画作成を経験している方なら「文字入れ」の大変さがおわかりだと思います。

YouTube って通学、通勤時間の隙間時間やちょっとした暇な時間がある時に見る人が多いので静かに(マナーモード)しないといけない環境下で閲覧するときに文字入れしてくれていると、観る側からするとありがたいですよね。


今話題の切り抜きさんにも必須のアイテム!



自動字幕起こし(STT)機能の使い方について知りたい方はこの文字をクリック

読み上げ機能でらくらくナレーション

顔出ししたくない、できればナレーションも自分の声じゃないほうがいい人には最適の機能。

解説動画やマニュアル動画など、あえて感情を必要としない説明ナレーションにも向いていますね。現時点では合計16言語に対応しています。

操作画面を紹介するときやマニュアルを作成するときなどは欠かせない機能です。



テキスト読み上げ(TTS)使い方ついて知りたい方はこの文字をクリック。



購入前に無料版をダウンロードして試せます!

Wondershare Filmora 11 永続ライセンス(買い切りタイプ)
1年間プラン・ビジネスププラン・学生教職員向けプラン

無料ダウンロード

Filmora 11の新機能のご紹介!

エフェクトプラグイン

ハリウッドスタイルのエフェクトプラグイン、世界的に有名な3Dタイトルツール(NewBlue,Tilter pro7)もいつでもキャンセル可能な Filmora 11 エフェクト&プラグインプラン (追加のサブスクリプション)で利用できます。




購入前に「試用」することが可能です。

ハリウッドスタイルのエフェクトプラグイン
ハリウッドスタイルのエフェクトプラグイン

\ Titler Proがどんな感じか見れます! /

テンプレートプリセット

自分で作成したプロジェクトをテンプレートとして保存しておけば、同じ編集を繰り返すことなく時短で動画編集ができます。現時点でFilmora 11で50ものテンプレートが用意されています。画像の差し替えをするだけで簡単にプロ級の動画が出来上がります。

Filmora 11 テンプレートプリセットの使い方

  1. 起動画面
  2. 新しいプロジェクト
  3. すべてのテンプレート
  4. テンプレートをタイムラインに追加
  5. ストックメディア を選択
  6. 「ALT」キーを押しながらメディアをタイムラインにドラッグ
  7. タイムライン上の画像クリップの上にドロップ
  8. 再生し画像が入れ替わったことを確認しましょう。

オーディオ同期

動画の撮影時に、音を外部録音機器を使って録音した場合。

動画の内容と外部機器で撮影した音源を同期してくれます。


ストックメディア

Filmora 11ではストックメディアライブラリーにあらかじめ用意されている高解像度の動画、写真、オーディオファイルやロイヤリティーフリーのメディアもダウンロードできます。

1,000万を超えるストックメディアを利用して動画編集に役立てましょう。

ストックメディアライブラリー
ロイヤリティーフリーの写真、動画

Wondershare Drive

購入時から1GBのクラウドドライブが提供されます。場所を移動した時に余計なUSBメモリーキーやHDDを持ち歩く必要がないのはうれしいですね。大切なプロジェクトファイルや作成途中の動画を失う心配もありません。

Wondershare Drive を有効にする方法

  1. 「クラウドアイコン」を選択し「認証」をクリック。


    クラウドマークをクリックして認証をする




  2. 「プライバシーポリシー」と「エンド利用者使用許諾契約書」をよく読んで同意のチェックを入れる。

    再度「認証」ボタンをクリックします。



    プライバシーポリシー等に同意して認証をする




  3. しばらくすると窓が開き「ファイルはまだアップロードされていません。いますぐアップロード!」と画面が表示。


    保存を促す画面が表示されます。





    「管理」をクリックすると「Wondershare Drive」がブラウザー上で開きました。


    ブラウザー上で開いたWondershare Dive



  4. バックアップするには、プロジェクト一覧の「バックアップアイコン」をクリックします。



    バックアップアイコン




    「バックアップ」が成功するとアイコンが以下のように変化します。

    バックアップが成功したマーク




  5. 以下の画像が「注意」として表示されました。








  6. 再度「クラウドアイコン」を選択すると。保存したプロジェクトファイル一覧が表示されました。



    再度、クラウドアイコンを選択するとWondershare Driveに保存されたことがわかります。




    「管理」をクリックすると、ブラウザー上でも確認できます。ファイルを共有することも可能です。

    Wondershare Drive に保存されたファイルの一覧






Wondershare Drive に保存したファイルを共有する方法

  1. 「クラウドアイコン」を選択し➡「く」共有マークをクリック➡「リンクの作成」



    Wondershare Drive共有リンクの作成方法




  2. 「共有リンクとパスワードがコピーされました」窓が開きます。
    「コピー」ボタンを押しましょう。

    *この時点ではコピーボタンを押していなくても、この文言が表示されますので「コピー」ボタンを押す必要があります。




    共有リンクとパスワードのコピーボタン




  3. メモ帳やメールの本文に張り付けてみたら、ちゃんと「リンク」と「パスワード」がコピーされました。




    共有リンクとパスワード



    貼り付けてメールで送信してみました。



共有リンクとパスワードを受け取った人が Wondershare Drive からダウンロードする方法

  1. 共有リンクをクリックし「パスワード」を入力し「今すぐ見る」を選択。



    パスワード入力を求められます。




  2. ダウンロードを促す窓が開きます。



    Wondershare Drive からダウンロードを求められます。




  3. 名前をつけて、場所(ローカル)を指定して保存



    Wondershare Drive からダウンロードファイルに名前を付けて保存




  4. ローカルに保存されたファイルを確認



    Wondershare Drive からダウンロードしたファイル





スピードランプ

従来はコマごとに秒数の指定による調整でしたが、キーフレームを使うことで滑らかなスピード調整をすることが出来るようになりました。

  1. 起動画面
  2. 新しいプロジェクト
  3. メディアのインポート
  4. スピードアイコン
  5. スピードランプ
  6. カスタマイズ
  7. 波形の点を上下に動かすことで調節
  8. 再生して確認

スピードランプ
スピードランプで滑らかな速度調整ができるようになりました。

オートモンタージュ

オートモンタージュは、インポートした動画に合わせて音楽(BGM)やエフェクトを自動で追加編集してくれる便利な機能です。


よく似た機能でインスタントモードがありましたが、ひな形を選択するスタイルでしたね。

  1. 起動画面でオートモンタージュをクリック
  2. メディアをインポート「+」を選択
  3. BGM、エフェクトを確認
  4. 「分析する」ボタンを押します。
  5. 「タイムラインにエクスポートする」をクリック
  6. 編集可能な画面に切り替わります。

    文字入れやキーフレームでスケールなどをして編集しましょう。
  7. 再生して問題がなければ「プロジェクトファイル」を保存ししょう。

    「ファイル」➡「名前をつけて保存」➡名前をつけて保存します。
  8. ⑧「エクスポート」ボタンを押します。
オートモンタージュ機能
自動でBGMやエフェクトを追加してくれる。


オートモンタージュ機能
自動でBGMやエフェクトを追加されました。




マスク

マスクがさらにパワーアップしました!動画の一部や指定した箇所を覆い隠し、別のタイムラインに挿入されたメディアとの切り替えが瞬時にされることで視覚的に魅力的な動画に編集できます。

  1. 起動画面
  2. 新しいプロジェクト
  3. メディアのインポート
  4. タイムラインのメディアをダブルクリック
  5. ビデオタブ
  6. マスクを選択
  7. マスクの開始ポイントを設定
  8. 切り替わりの最終地点を設定
  9. 再生して確認する

インスタントモード

インスタントモードは初心者でも簡単に動画を作成することが出来る頼もしい機能です。

やさしい画像付き Filmora11 インスタントモードで動画を作成する方法

をご覧ください。

オーディオスペクトラム

動画に挿入されている音声や音楽(BGM) に合わせて波形を付けることができます。音楽を目で見て楽しめるエフェクトは現時点で25種類 用意されています。Vtuber、 歌てみた、ミュージックビデオやダンス動画の作成にも最適です。


  1. 起動画面
  2. 新しいプロジェクト
  3. エフェクト
  4. オーディオスペクトラム

自動字幕起こし(STT)

字幕が自動的に作成される機能が付きました。動画内の音声をテキスト変換し自動で字幕の文字起こしをしてくれます。もちろん修正したり色を変えたり編集することも可能です!

デフォルトで30分使える状態です。追加したい場合には Filmora 自動字幕起こし(STT)プランサブスクリプションを選択できます。


  1. 起動画面
  2. 新しいプロジェクト
  3. メディアをインポート
  4. 動画を追加
  5. 右から2番目のアイコンクリック
  6. 字幕作成開始
  7. 完成するとインポートした動画の上に「T」クリップとして追加されます。

STT文字起こし機能
STT文字起こし機能


状態が「字幕作成」➡「完成」になれば、自動生成された字幕が動画の上の段に追加されます。

STT文字起こし機能
STT文字起こし完了


テキスト読み上げ(TTS)

テキスト読み上げも便利な機能です! 感情を必要としない説明動画や自分の生の声を知られたくない人には最適ですね。


デフォルトで30分使える状態です。追加したい場合には Filmora テキスト読み上げ(TTS)プランからサブスクリプションを選択できます。

  1. 字幕部分を選択(緑の部分)
  2. 右端のアイコンをクリック
  3. テキスト読み上げ設定
  4. ボイス名を選択
  5. OK
  6. 完成するとタイムライン最下部に音声が追加されました。
TTS 字幕の読み上げ機能
TTS 字幕の読み上げ機能


テキスト読み上げアイコンを押したあと設定画面で言語とボイスを設定。

tts字幕読み上げ機能の設定
tts字幕読み上げ機能の設定でボイスを選択





SRTファイル(字幕ファイル)をサポート

最新版のFilmora 11 (Filmora11.3.1.7以降)では字幕エフェクトを追加しなくてもSRT外部字幕を追加またはインポートすることが出来るようになりました。


効率の良い編集作業が期待できます!

HDR (High Dynamic Range) をサポート

数多くあるエフェクトの中から、ワンクリックで色調の変更が可能になりました。

サブスクリプションの解約は簡単ですか?

お支払い方法によって自動更新のルールが違うようです。

詳細はよくあるご質問にてご確認ください。

それでも解決しない場合にはお問い合わせフォームからお問い合わせされることをおすすめします。

自動更新を停止したい

まず、Filmoraの年間プラン、3ヶ月プラン、FilmstockからエフェクトサブスクリプションをクレジットカードとPaypalで購入された場合のみ、自動更新が適用されます。

自動更新が停止されるまで、ご購入されたプラン(1ヶ月・3ヶ月・年間ライセンス)に基づき、1ヶ月・3ヶ月・1年ごとに自動的に更新されますのでご了承ください。

銀行振り込みや代金引き換えの場合は、自動更新されません。


契約継続をご希望されない場合、ライセンスの有効期限が切れる前に、

こちらをクリックして注文番号または購入時にご登録のメールアドレスを入力して

送信し、表示されるオーダー情報画面で「自動更新停止」ボタンをクリックしていただくと、

自動更新停止の手続きが完了します。

引用元:よくあるご質問 – Filmora(日本語版)

いかがでしたか? 新しいFilmora11

実は買い切りで 2019 に購入した Filmoraをアップデートして利用しています。
新しくなった Filmora 11にアップデートできてしまった上にこれだけの機能盛りだくさんが使えてしまうなんて驚きのパッケージででした!


今回のアップデートは AI のパワーで魔法使いのように編集が自動で完了するインスタントモード」と、横長動画をチャチャっと縦長のショート動画にしてしまう「オートリフレーム」あたりはYouTubeクリエイターの強い味方になることは間違いありません。


特にこれからのYouTubeクリエイターに自動字幕起こし(STT) とテキスト読み上げ(TTS)は必須アイテムになることでしょう。ほんとに、文字入れって時間かかるんですよ。

それでは最後にメリット、あえて言うデメリットをあげてみました。

    Filmora 11のメリット
      
  1. エレメント・BGM・効果音がパッケージ化され作業効率がいい!
  2. 自動編集機能がおどろきの簡単さ!
  3. 初心者でも簡単にはじめることができる
  4. Wondershare Drive がデフォルトで1GB付属している
  5. 無料で学べるFilmora公式YouTubeチャンネル

    Filmora 11のデメリット
  1. インスタントモードは Windows 版のみ
  2. 動きのある動画素材や人気の効果音はサブスクリプションが必要
  3. スマホ用の動画編集ソフトは別売りのFilmoraGo


あなたも気になる機能はありましたか? 


Wondershare Filmora 11 無料版をダウンロードして試してみてください!無料版ではエクスポート(書き出し)した動画にウオーターマークが入るだけでいろいろな機能をテストできます。



購入前に無料版をダウンロードして試せます!

Wondershare Filmora 11 永続ライセンス(買い切りタイプ)
1年間プラン・ビジネスププラン・学生教職員向けプラン

無料ダウンロード

*動画内で使用している有料メディアにつきましては株式会社ワンダーシェアーソフトウェア様より「Filmstockスタンダード3ヶ月ライセンス」を提供いただきました。

▼こちらもあわせてご覧ください